ギャラリーへどうぞ

3月議会が終わって、少しほっとしています。ですが、世の中、県知事選です。公選法の制約でもう名前は書けないが、応援演説にまわってきました。

「ギャラリーへどうぞ」続きを読む

副市長が誕生

地方自治法の改正で、これまでの「助役」が「副市長」ということになった。この3月末に竹本智海助役(県から派遣されていた)が辞職し、3月議会最終日の27日、副市長の選任議案がだされ、議会は全会一致で市長提案の安倍和海総務部長の副市長就任を認めた。
安倍和海氏は、昭和24年生まれ、ビオラの演奏もこなす58歳。法政大学文学部卒業後、米子北高校講師を経て市職員となり、平成16年から総務部長でした。

おもしろツール

かっちゃんブログで、面白いものを見つけた。管理人さん、いただいちゃいましたけど、よいでしょうか。

「おもしろツール」続きを読む

「生活安全条例」考・・4

昨日帰宅したら、注文していた光文社新書『犯罪不安社会』という本が届いていた。
法務総合研究所や国連犯罪司法研究所の研究員も務め、犯罪白書の執筆にも携わり、現在は龍谷大学大学院法務研究科教授の浜井浩一氏と社会学者芹沢一也氏との共著。かすむ眼でがんばって読みきったが、一方的な主張ばかりがありがちなこの分野だが、これは事実をきちんと抑えた確かな本だった。

「「生活安全条例」考・・4」続きを読む

「生活安全条例」考・・3

もう一度、『犯罪白書』に帰るのですが、平成17年度版犯罪白書からもっと解り易いグラフを見つけたので、あわせて《総務省:各種統計に見るジニ係数》というグラフも紹介します。

「「生活安全条例」考・・3」続きを読む

「生活安全条例」考・・2

全国どこでもいっしょだが、持ち出される理由は「子どもたちをめぐる凶悪犯罪が増えているから」だということ。果たして根拠はあるのか、私は警察署にいって鳥取県内の犯罪状況を調べてきた。

「「生活安全条例」考・・2」続きを読む

「生活安全条例」考・・1

私は員外から発言、異論を呈したが、今日の総務文教委員会は、「安全で安心なまちづくり推進条例」議案を可決した。

「「生活安全条例」考・・1」続きを読む

子育て応援歌

境港市新年度予算案の保育料の14.5%引き下げ。子育て世代への応援歌として話題となっているが、階層別の改正案が明らかとなった。PDFにてアップしました。ごらんください。

「子育て応援歌」続きを読む

生保世帯の車保有を

“生活保護世帯の車の所有を認めて”・・と、県の市長会は2月28日、国に要望することを決めた。5月の中国市長会を経て6月に予定されている全国市長会へ議案として提出されるが、県の市長会では中村勝治境港市長の提案によるものだとのこと。今日の総務文教委員会の予算審議のなかでも、渡辺明彦委員の求めに応じて市長から報告があった。
昨年12月議会で、私は相談があった事例を紹介し「車の保有禁止が、せっかくの就労・自立の障害になっている」として改善を求め、市長が「社会経済情勢に適応したものとなるよう働きかけていきたい」と答えていた。
ことの始まりは、保護を受けている市民からの訴えだった。その方ににわかに役立つことにならなかったし、まだ紆余曲折はあるだろうが、こうしてことが前に進み、全国的な問題の解決へ進む・・・のだろうと思う。メールをよせてくださったこの方に感謝したい。
詳しくは、3月1日付山陰中央新報をお読みください。

質問が終わった

質問を終えた。中心は広域で運営するエコスラグセンター、灰溶融施設についてだ。すでに書いてきたので詳しくは繰り返さないが、予定した性能を果たさぬうえに予定した維持管理費が3倍にもなろうという莫大なムダづかい施設になっている。

「質問が終わった」続きを読む

更新が・・・・

市職員から「9日から途絶えていますよ」と言われた。ブログの更新のことだ。この間だって、市政報告会(昨夜・外江公民館)のこと、生活相談のこと、始まった代表質問のこと、・・いろいろあったが、明日の一般質問を前に、いろいろな情報が交錯して、質問の押さえどころに、いささか困惑気味。気持ちが落ち着かなくて、このとおりです。
だから、明日終わるまで、さよなら!

サイト内検索・取調室

「ブログ」ページと「議会と活動」ページに、【サイト内検索】を設置しました。たとえば「ブログ」ページで、「九条の会」といれて検索ボタンを押すと、私のブログのなかから、九条の会について書いてある記事が検索されます。
記事がおおくなってくると、どこにどんな記事があるのか見通しが悪くなります。「確か定岡が、**のことで書いてたけど、どこかな?」と思ったら、「**」で検索してみてください。あれば、表示されるはずです。
活用していただければ幸いです。
今日は午前中、中学校の卒業式に参加。午後は、境港警察署にいってきました。初めて取調室に入りました。いや、決して悪いことをしたのではないのです! 3月議会に「生活安全条例」の制定が議案として出されています。ならばいまの状況はどうか? 管内の犯罪状況を調べにいっただけのこと。生活安全刑事課長がていねいに調べてくださいましたが、「会議室が使用中で、ここしかなくて」、「いや、いいですよ」と入ったのが取調室だったのです! 良い経験でしたよ。

私は”ゴミ議員”なのだ

今日から3月議会がはじまった。今日は新年度予算案などの議案の上程、市長の提案理由の説明などが中心。昼には一般質問の順番決めがあり、次のように決まった。
12日((月)10時から ”かいゆう”の代表質問。荒井、平松、浜田の各氏が立つ。
13日(火)10時から、松本、松下、永井、田口の各氏。
14日(水)10時から、南條氏、最後が定岡となった。

「私は”ゴミ議員”なのだ」続きを読む

では、どうしろと・・・

予算に絡んでいろいろ書いてきたが、「そんなこと言ったって財源はどうするのだ」という声が聞こえる。
財源を考える基本は“入りを図る”ことだ。先日、ある新聞記者が私に「産業政策で発言はないのか?」と聞いてきた。私は即座に「ない」と答えた。

「では、どうしろと・・・」続きを読む

 

- サイト内検索


- 月刊アーカイブ

Syndicate XML.