無断で遺体を切り刻む

今日の新聞に驚いた。「富山市で生活保護を受けていた男性(56)の遺体が、本人の同意もないまま市によって、学生の解剖実習などのため、日本歯科大学に引き渡されていた」というのだ・・・・・・

「無断で遺体を切り刻む」続きを読む

フー

フー・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

中林さん迎えて選挙デー

妻の「山野草展示会」初日で作品搬入や展示手伝いと忙しかったが、昨日は、中林さん迎えて選挙デー。米子駅まで中林さんの迎え、午後2時半からのまちかど演説会にぎりぎりセーフ。2ケ所の演説を終えて中林さんはいったん米子へ。夜はふたたび境港へきていただいて、7時30分から共産党の決起集会・・・・てな一日でした。

「中林さん迎えて選挙デー」続きを読む

花々

ここんところ、写真に気合がはいらない。なんか、やっつけ仕事で撮っている感じ。今日は、庭や近所の花々、3枚。

「花々」続きを読む

これはひどい

ニセの団体と知りつつ証明書を偽造、障がい者団体むけの郵便割引制度の悪用に手を貸していた村木女史は、省内きってのキャリアウーマンだったらしいが、『障害者自立支援法』審議の山場、その取り引きのため、「政治案件だから、よろしく」ということだったらしい。やはり悪法は、こんな人物によってつくられるのだと、妙に納得した。
ところで、驚いたのは、このあとのこと。

「これはひどい」続きを読む

ちょこっと九条Cafe

「境港九条の会」・・・私も事務局メンバーとして活動に参加しているのですが、5月17日に開催した自衛隊イラク派兵を憲法違反と断じた名古屋高裁判決についての講演会。岡村晴美さんという若手弁護士を招いての大成功でした。
難しくなりがちな裁判モノのじつに判りやすく感受性豊なお話し。「自分の中で死語となっていた憲法が生き返った」という感想もあったし、90名の参加者数も4万人弱の小都市としてはなかなかの盛会なのです。しかも初めてという市民が多く、主催した私たちの方が驚くほど・・・。

「ちょこっと九条Cafe」続きを読む

こんどは共産党に

総選挙まぢか。昨日は中国ブロックのいっせい宣伝の日。境港でもここ4週間続けている蓮池町陸橋下の朝宣伝から始まって、上道支部、外江支部、それと私がそれぞれ地域ごとに別れて街頭からの宣伝行動でした。

「こんどは共産党に」続きを読む

貧しても鈍したくはない

市は国にならって、市職員期末勤勉手当の0.2カ月分凍結を専決し議会に承認を求めてきた。私は反対したがすでに6月10日、議員多数の賛成で承認されたことではあるが、ある市民の声をうけて、もう一度書いておきたい。

「貧しても鈍したくはない」続きを読む

ほんとに大変なことだ

先日も深刻な暮らしの相談。58歳のご婦人で一人暮らし。市内のスーパーに勤めて、平均11万円ぐらいの収入があったが、いろいろあって市税の多額な滞納を抱えて、これまで毎月1万円、ボーナスで3万円と支払ってきていた。あと25万円ほどの残となり、「もうすぐ終わるのが楽しみ」とがんばってきた彼女だった。

「ほんとに大変なことだ」続きを読む

ここまで犯罪的とは


麻生総理が10日発表した日本の温室効果ガス削減の中期目標は、「2020年までに15%」というもの。「オっ、15%か」と思ってしまいそうだが、基準年は2005年。国際社会が基準年としてきた1990年比にすればわずか8%減というもの。
見かけの数字を大きく見せるごまかしもさることながら、なんと!低い。ほとんど「やる気のない」もの。気候ネットワークの声明もお読みください。

「ここまで犯罪的とは」続きを読む

真犯人はわかったか

世間を震撼とさせた秋葉原無差別殺人事件がおきたのは一年前の今日、6月8日。「日本社会はいったいどうなったのか」と、誰もが考えた日ともなったのでした。
かって、この人の著書『もの食う人々』で、社会を深く見据える力に感銘を覚えたことがある辺見庸。彼がこの事件について、ずいぶん前のことだがしんぶん赤旗に、「犯人は捕まったが、“真犯人”はまだわかっていないと思う」と書いていたことを思い出した。少し長いが、そのまま転載しておきます。
以下は引用。

「真犯人はわかったか」続きを読む

ピンクリボンフェスタ

議会に出てからの私の仕事にマンモグラフィ検診の実施とか、弾性スリーブのことなどがあります。女性や患者の願いに応えることができて喜んでいますが、もうずいぶん前、市の女性職員から、「定岡さんはなぜ乳がんのことをいつも?」と聞かれたことがあるのです。じつは・・・・

「ピンクリボンフェスタ」続きを読む

まじめに仕事してない証拠

国会議員の定数削減がにわかに浮上している。「国会議員みずから身を削る」のだというが、狙いは「少数政党締め出し。そして国民の声を削る」ことだ。議会制民主主義の自殺行為というしかない。政党助成金はそのままに、なにが”みずから身を削る!”など言えたものか。
日本共産党の見解は、こちらから、またこちらでお読みいただけるし、この問題では、『大脇道場』さん村野瀬玲奈さんの秘書課広報室が、多面的に論陣をはっている。
ここでは、しんぶん赤旗で読んだ読者の投稿を紹介しておきます。

「まじめに仕事してない証拠」続きを読む

いま勢いのある政党は

「今、勢いのある政党はどこか。そう聞かれれば、代表交代で息を吹き返した格好の民主党が浮かぶが、長期的な視点でみれば共産党だろう」と、5月30日付静岡新聞が書いた。『政考政読』というコラム欄。タイトルは、「現実路線を行く共産党 勢いは本物か」。いかにも斜に構えたタイトルではあるが、“長期的には“というあたり、さすがと思うし、「共産党のいま」を知る材料ではある。
つい先日も境港で32歳の若者を共産党に迎えることができたので、感慨深くもある。

「いま勢いのある政党は」続きを読む

役立たずぶりが明白に

先日書いた、雇用促進住宅の退去費用“前払い“のこと。
今日午後、誠道、渡の入居者二人とともに鳥取から来られた機構の人と米子の管理事務所で交渉をおこなった。機構の二人と管理事務所職員らが対応。
岩永尚之さん錦織陽子県議も同席した。
この日の要望の中心は・・・・

「役立たずぶりが明白に」続きを読む

マイケル・ムーアの次回作は

AFP-BBnewsによると、私のキューバ行きを決心させた映画『シッコ』の監督、マイケル・ムーアの次回作が明かとなった。新作のテーマは

「マイケル・ムーアの次回作は」続きを読む

 

- サイト内検索


- 月刊アーカイブ

Syndicate XML.