ジェットストリーム

遠い地平線が消えて、深々とした夜の闇に心をやすめるとき、はるか雲海の上を音もなく流れさる気流はたゆみない宇宙の営みを告げています。 満天の星をいただく果てしない光の海を豊かに流れゆく風に心をひらけば、きらめく星座の物語も聞こえてくる。夜のしじまのなんと饒舌なことでしょうか。 光と影の境に消えていったはるかな地平線もまぶたに浮かんでまいります。
昨日、米子空港をめぐって、ちょっときつい記事を書いたので、今日はちょっとゆるりと、空の旅の夢、プレゼント・・・・

「ジェットストリーム」続きを読む

開発病にうなされた「夢」

米子空港滑走路延長工事が完成のメドがつき、12月17日に供用開始との連絡がきた。
JR境線や県道の迂回工事など関連工事も含めれば総事業費は200億円を超すのではないか。ムダな大型公共事業の典型として、私は反対してきた。
いまとなっては、活用するしかないが、これだけの巨額な工事、なぜ必要だったのか、それはどうなったのか、目前の事実にてらして検証をしておかないわけにはならない。

「開発病にうなされた「夢」」続きを読む

ふたたび、つどいが楽しい

昨日から今日は大忙し。昨日は、岩永さんを向かえて街頭宣伝、議員団会議、夜の小集会。今日は打ち合わせ、支部会議に出席、午後の小集会、そして今夜の選対会議だ。
いちど書いたことがあるが、もう一度、それにしても小集会(つどい)が楽しい。

「ふたたび、つどいが楽しい」続きを読む

竹内行夫にバッテン(×)を

こんどの総選挙にあわせて最高裁判所裁判官国民審査もおこなわれます。昨日ある会合で聞いてみたけれど多くの国民にとってなじみ薄い制度ですが、内閣が選んだ最高裁裁判官が「憲法の番人」としてほんとうにふさわしいかどうか審査し、ふさわしくないと思う人に「×」をつけることで罷免を求めることができる、国民の意思反映の大事な制度、とりくみです。

「竹内行夫にバッテン(×)を」続きを読む

現金が底つく州政府

サンフランシスコは車がなくても自由に移動できる、アメリカでは数少ない町のひとつですが、車を持たない私は、バスがなくては何もできません。そのバスの運賃が7月1日から値上げになりました。1回の運賃は1.5ドルから2ドルに。月間パスは45ドルから55ドル。これが来年1月にはさらに値上げして60ドルになる予定です。なんと一気に3割増し。学校も近くなることだし、自転車を買おうかどうか、真剣に検討中です。

「現金が底つく州政府」続きを読む

志位和夫委員長がくる

日本の未来がかかった総選挙。国民をないがしろにし続けた自民党政治に決定的な決別のとき、紆余曲折あるとしても新しい政治の幕開けにしなければならない。どんな政権になろうとも、その国会に共産党議席がどれだけ増えるか・・・それが新しいステージの帰趨をきめる。
8月2日(日)の昼、12時40分から、鳥取駅前で志位和夫委員長が街頭にたつ。この日、委員長は、鳥取市、松江市、江津市と山陰路を駆け抜ける予定。
鳥取へ境港からも無料バスを走らせます。ぜひご参加をいただきたい。
バスの日程は
午前9時40分 境港市民会館発
午前9時45分 中浜・村上ふとん店前

に立ち寄り鳥取へ。境港帰着は午後4時ごろの予定。
ご希望の方は、あらかじめお知り合いの党員や支部、あるいは私までご連絡ください。

なんということでしょう

衆議院が解散、いよいよ総選挙へ!という初日、7月22日。戦後長く続いた自民党政治の終焉、そしてまだその道、いくつもの紆余、数々の曲折、あろうとも、新しい政治への幕開け、期待の日でもあります。そしてこの日、今日が私の66回目の誕生日。
支部のみなさんといっせいに街頭にでていたら、なんということでしょう。天も祝うかのように世紀の天体ショー。曇り空にもくっきりと欠け行く太陽=日蝕です。

「なんということでしょう」続きを読む

乳がん講演会のお知らせ

食生活の欧米化やライフスタイルの変化等によって、乳がんにかかる人が年々増加しています。乳がんから身を守り、女性の心身の健康増進を図るために、乳がんの自己触診法やがん検診など女性の健康に関する講演会を境港市が開催します。
市報より転載しておきます。

「乳がん講演会のお知らせ」続きを読む

ポコ・ア・ポコ

今日は平和行進。午後、米子市和田町から境港駅まで歩いた。降ったり降られたりというほどに雨の中の行進となった。パンツまでずぶぬれ。それでも行進団は、沿道の市民に、行き交うドライバーにと手を振り、声をかけて・・・。まさに“雨にも負けず“です。

「ポコ・ア・ポコ」続きを読む

A全版パネル使って

夕べは地元で会館を借り、錦織陽子県議会議員の力も借りて共産党を知るつどい。16人の方が集まってくださった。ここ1週間ほどかかって作ったA全版パネル10枚を紙芝居よろしく使って、熱弁をふるったのですが・・・・

「A全版パネル使って」続きを読む

今日は島根県浜田市へ

行ってきました。国が廃止を決めた雇用促進住宅の問題で視察。浜田市が「住宅を買い受けて10年間、市営住宅として運営する」方針を昨年8月に決定しているのです。
境港市でも入居者の置かれている状況は同じ。全国の運動で「とりあえず3年間は退去を求めない」ということにはなっているが不安は続く。境港市でもできないことか・・・。そんな気持ちいっぱいで、雇用促進住宅の自治会長さんを誘って行ってきました。

「今日は島根県浜田市へ」続きを読む

事実をみれば・・

都議選で共産党が8議席に後退・・昨日はそこまでしか見えなかったが、今朝の新聞で選挙区ごとの得票状況や合計得票数などもわかった。
後退したのは実に残念。「なんでだ。都民はアホか」・・昨日、そんな声も聞かされた。しかし・・・

「事実をみれば・・」続きを読む

めげることなく

注目の都議選、自民が大敗、民主党の大勝となった。都民だけではなく全国民の自民党政治への激しい怒り、「政権交代」への強い想いを事実で示した。新しい政治、変革を求めるこの国民的模索は、総選挙でもいっそう大きな流れとなることだろう。

「めげることなく」続きを読む

ため息の写真展

案内をいただいていた写真展、最終日の今日、ようやく行ってきた。以前、このブログで写真集を紹介したこともある、私のいとこ、政木昭夫ら4人の地元写真家による『第2回・わたしの山』4人展。

「ため息の写真展」続きを読む

“つどい”がいい!

昨日も一日、“選挙“デー。水曜日恒例の朝立ちから始まって、3回の小集会、1ケ所のまちかど演説会。小雨まじりの蒸し暑い一日でしたが、合計70人の方々がつどってくださった。
街頭も良いが屋内での小集会、“つどい“がいいですね~。街頭はどうしてもこちらからの訴えに終わりがちですが、つどいでは対話ができる。パネルも使って細かい説明ができる。共産党へのより深い理解と親近感を得られるように思います。

「“つどい”がいい!」続きを読む

市内で影響はなかったが

さきにニセの証明書でDM発送に悪用・・・この事件を逆手にとって、日本郵便が障がい者団体の特別割引制度の審査をきびしくしている問題を書いたが、境港市内で影響を受けている団体はないかどうか、市役所の担当課に調べてもらった。
いずれも構成員が少なく、もともと特例の適用を受けていないとのことでした。
しかし、それで「良かった、良かった」とはならない。こんな改悪を当たり前にしてはならない。他所ではどうなんだろう?全県的団体ではどうなんだろう?・・・・・。

おはようございます

・・・とは、中身のないタイトルだが、久方ぶりの更新で、“まずはあいさつ“・・そんな気分の朝。
070523.jpg野中広務氏の赤旗登場の記事をアップしたのは木曜日の朝、その直後に「稔さんが死んだ」・・・母からの泣きながらの電話だったのです。妹の夫です。民謡・安来節の准名人で指導部長など務めて、この世界では広く知られた人でしたが、母は「昨日の晩方も元気に話していたのに」というほどの急死。心筋梗塞でした。私と同じ65歳。あまりにも若い。それだけに想いの残るやるせない通夜や葬儀で、バタバタの数日でした。

「おはようございます」続きを読む

野中広務氏の登場に思う

先日のしんぶん赤旗に、野中広務氏の大型インタビューが登場した。ブログ界でもあちこちで紹介されている。
野中氏といえば、自身が語っているように京都時代から共産党とは「宿敵」の仲。その彼が、「宿敵」のしんぶんに登場し、「いま日本がおかしい」と、自民党政治に苦言を呈するのだから・・・・

「野中広務氏の登場に思う」続きを読む

 

- サイト内検索


- 月刊アーカイブ

Syndicate XML.