こんどはJ-forest

境港市は「いのちの水を大切に」と、山間の地=日南町に水源涵養林をもっています。また、「山が死んだら海が死ぬ」と、山をまもる漁民の運動も始まっています。“山が荒れてゆく”のは、漁業の街、境港にとっても看過できないことですね。
その森の守り手=全国森林組合(J-forest)大会が11月25日開かれました。そこで日本共産党・志位和夫委員長があいさつに立ったのです。日本共産党の代表があいさつすることなど、大会史上初めてのこと。先日お伝えした全国農業協同組合大会での出来事に続く、政権交代=自民党の支持基盤の崩壊がもたらす歴史的な変化です。
動画とあいさつ全文とを紹介します。短いあいさつのなかに、日本の林業をめぐる中心点が語られ、会場はどよめいたとのこと。お読みください。

「こんどはJ-forest」続きを読む

雇用環境も福祉も欧米以下

fighting-algernon.usahara22さんという方が、“ここにこんな情報があるよ“と、いつも多彩な情報をお寄せくださいます。ご自身がサイトをお持ちならご紹介したところですが、そのご様子もない。
そのなかから、『雇用環境も福祉も欧米以下! 日本は「世界で一番冷たい」格差社会』という記事をご紹介しておきます。

「雇用環境も福祉も欧米以下」続きを読む

アンケートと防災無線

「街灯が切れている」から始まって、「息子の仕事がない。なんとかならないか」、「家が競売で年末までにでなくちゃならない。公営住宅に入りたい」・・・・さまざまな苦情や相談が、アンケートや訪問活動で寄せられています。にわかに解決できないことも多々ありますが、すぐ聞きにいき、できることは手をうたねばなりません。
大変ですが、「発言する場のない市民にとって、このアンケートはすばらしい企画です」とか「こんなアンケートやってくださるのは、あなたたちだけですね」という回答がありました。応えなければなりません。

「アンケートと防災無線」続きを読む

『未来の食卓』

私たちへのアンケートで、『食』について、若い女性から次のような意見が寄せられていました。


子どもの食育は大事なことですが、その親の段階からの問題だと思う。朝っぱらからチョコパンやラーメンで育った親は、子どもにもチョコパンやラーメンの朝食となるでしょう。それで育った子どもたちが日本の未来の支えになるでしょうか。

「『未来の食卓』」続きを読む

故郷をなくして、どこへいく

18日の新聞に、全国町村会の意見広告がありました。農山村ではない境港市には関係ない話ではなく、日本人が日本人であることを形作ってきたものの問題として、日本のこれからを、したがってそれぞれの地域のこれからを考える大事な問題提起として、私は大事にしたいと思います。
お読みの方も多いとは思いますが、全文、ご紹介しておきます。

「故郷をなくして、どこへいく」続きを読む

ワクチン接種で負担軽減へ

境港市は、広がる新型インフルエンザ対策で費用の負担軽減にとりくむことを決めた。市議会は11月24日、他の案件もあり臨時市議会を開催してこれを可決する見通し。

「ワクチン接種で負担軽減へ」続きを読む

なんとも、はや

事業仕分けについて、昨日初めて書きました。低所得者への地デジ対策の削減でみた、ここまであからさまな“非情”になんとも怒りを抑えられなかったからです。
この数日の“事業仕分け”にも、“なんだ、これは!”と思うことがいくつもありましたが、抑えてきました。たぶんにショウ染みてはいても、国家予算というものの組み立て、ムダづかいの構造を“国民の目の前にさらした効果はありかナ“とも思っていましたし、”もう少し様子を”と思ったからです。“政治主導”とは、こういうことかとも思いながら・・・・。ところが・・・・・・・。

「なんとも、はや」続きを読む

なんという非情な感覚

証券優遇課税、軍事費などは聖域のまま、費用対効果、効率・・要するに“カネ“、”カネ“、カネ算段で国民生活を切り刻んでゆく、先日来のいわゆる「事業仕分け作業」に大いなる違和感を覚えていたのですが、今朝のしんぶん赤旗記事に眼をむきました。
行政刷新会議「仕分け」作業。国による「地デジ弱者支援策」もムダ?だという記事です。

「なんという非情な感覚」続きを読む

もう、やだ! しかし

予報に反して晴れ!今日は土曜日。平日よりは在宅の人も多かろうと、自転車にのって訪問活動に飛び出すが、一転にわかに掻き曇り雨。びしょぬれになって帰宅。
しばらくすると輝くようなお日様。また飛び出した午前中でした。
午後もまた青空にひかれて飛び出したのですが・・・。軒を借りて雨宿り。小ぶりになったのを見計らって自転車飛ばして帰宅です。ついたとたんに輝くようなお日様!もう、やだ!

「もう、やだ! しかし」続きを読む

アンケート-----(4)

引き続き、寄せられたアンケートから市民の意見のご紹介です。今日は市政と街づくりについての2回目。短くしたものもありますが、ご意見はそのままです。みんなで考えあいましょう。
なお、個人的な批判に及ぶもの(類推できそうなものも含めて)など、情報として参考にさせてはいただきますが掲載はいたしません。

「アンケート-----(4)」続きを読む

昨日、二つの大集会

昨日8日は、日本で二つの国民的大集会があった。普天間基地問題や後期医療など重要な国民的課題で動揺する民主党政権。それぞれに県民、国民の意思をしめす大集会となった。

「昨日、二つの大集会」続きを読む

市内で見つけた秋

写真が趣味だと知っている人から、”どげな?モミジ撮りにいったかや”と聞かれる。
先日の大山の発冠雪のときなど、”三の沢など・・・・”と想いつつ、気持ちに余裕がなくて、もっぱら市内をウロウロしている毎日。
市内で見つけた秋模様。3枚でおしまい。

「市内で見つけた秋」続きを読む

高遠菜穂子さんメール転載

いつもお世話になっておりますイラク支援の高遠菜穂子です。11月1日にヨルダン・イラクより帰国いたしました。
11月8日(日)はイラク戦争総括をテーマに、「イラクに咲く花」を開催いたします。詳細は下記をごらんくださいませ。
http://iraqhope.exblog.jp/12080298/
そして、今日みなさまにお知らせいたしますのは、11月10日(火)に衆議院第2議員会館で「イラク戦争の検証を求めるネットワーク・キックオフ集会」です。急遽、開催決定となりましたが、多くのみなさまにご参加いただければ幸いです。
以下、転送転載歓迎です。
というメールが今朝。ですので、以下、転載しておきます。

「高遠菜穂子さんメール転載」続きを読む

いのちの山河

長く無医村であった岩手県の山あいの沢内村・・・。父から医者になることを期待されつつも村を離れていた深沢晟雄(まさお)は、妻・ミキと帰郷し、豪雪・多病・貧困という村のかかえる困難に立ち向かう。やがて村長となった深沢は・・・・・

「いのちの山河」続きを読む

取り込まれた私

11月1日は中海CATVの開局20周年でした。その記念セレモニーが米子ビッグシップであり、市議会議員として招待されたこともあり、また『技術展』の案内に引かれて行ってきました。
『技術展』は、さしたる新機軸もないPanasonic や NHK鳥取放送局など4つほどのブースがあるだけで、期待はずれでしたが、セレモニーはたくさんの方々で盛況でした。

「取り込まれた私」続きを読む

微生物の働きってすごい

今日は市議会経済厚生委員会の勉強会として、日野町へいってきました。
テーマは、『有機物汚泥消滅型処理システムについて』。
日野町では黒坂地区1,250人分の下水処理をこれまで農業集落排水施設で処理してきた。基準値内まで処理された排水は日野川に放流し、発生する汚泥(平成18年度実績で年間104トン)は3町共同運営の清化園で焼却処理し、焼却灰を西部広域のエコスラグセンタ-へ持ち込んでいたのですが・・・・

「微生物の働きってすごい」続きを読む

 

- サイト内検索


- 月刊アーカイブ

Syndicate XML.