DBS赤字補てんを増額

境港=韓国=ロシアを結ぶ韓国DBS社の定期貨客船航路に税金の投入は是か非か・・・中村市長と私の『対論』があったばかりですが、昨日、中村市長から市議会へ、運航補助金の限度額の見直しについて説明会がひらかれました。
これまで境港~東海間の運航経費の1/10を、1航海につき100万円を限度に助成してきたが、週1回への減便にともなって150万円に増額するというもの。

「DBS赤字補てんを増額」続きを読む

水木ロードは今日も・・・

今日は水木ロード200万人突破の祝賀パレードがあり、行ってきました。
漫画家水木しげるの生家のある境港市に整備された水木ロードですが、キタロウ、目玉おやじ、一反もめんなど、商店街に設置された妖怪のブロンズ像は139体にもなり、水木しげる記念館も運営されています。

「水木ロードは今日も・・・」続きを読む

議員研修会でした

昨日は鳥取市で県内4市議会の議員研修会。全国市議会議長会法制参事の本橋謙治氏が 「近年の地方議会に関する制度改正等の動向について」と題した1時間半の講演でした。 
主な内容は、最近の議会改革の動向、先進事例からみえていくる課題、議会招集権といったものですが、鹿児島県阿久根市のこと、地方制度改革を議論する審議会の昨日、今日の状況などと、ホットな話題もあって、面白くわかりやすい話でした。

「議員研修会でした」続きを読む

笑いの渦の99分

境港九条の会主催の『松元ヒロの爆笑ライブ in 境港』が終わりました。下手な私にライブの中身の紹介はとても出来ませんが、ヒロさんの繰り出す遠慮のない政治風刺と派遣村での体験やベネズエラで知ったキューバの国づくり。自分の身体を中南米の地図に見立てて繰り出す“生きる”の意味を問う社会批評などなど・・・笑いと真剣なまなざしに包まれた99分でした。

「笑いの渦の99分」続きを読む

比例定数削減とは (2)

私が属している“共産党が不利だから反対”するのではありません。

「比例定数削減とは (2)」続きを読む

この暑さ、保育所は

まだまだ、この暑さが続くのだそうです。出会いのあいさつに「生きちょうなったかい」と、言いたくなるほど。言ってますが・・・・・
大人でもこの調子、子どもたちはいったい?

「この暑さ、保育所は」続きを読む

比例定数削減とは (1)

43%で68%の議席独占

菅首相が年内に成立をめざすといった、国会議員の定数削減問題。書いてきたように、これを許せば国会は、消費税大増税、憲法改悪、非正規労働野放し・・・、財界さま様の大政翼賛会。私たち国民のいまの暮らしも、子ども、孫たちの未来も閉ざすものになる。当然、そうならないために闘い続けますが、それは一段と困難な世の中となることでしょう。
重大段階にさしかかっています。考え合ってみるために、シリーズを開始します。

「比例定数削減とは (1)」続きを読む

一家そろって


クリックで拡大

いつも仕事に追われている息子が、「今日はオフにする。どっか涼しいところへ行こう」と提案。ちょうど予定の入っていなかった私も、「よっしゃ」。
お嫁さん、孫と・・一家5人の鏡ヶ成ドライブ。高原の風はもう、初秋。美味しい一日でした。
写真は、大山ミルクの里、放牧場。ヒマワリ、コスモスが風に揺られていました。

夏季休暇ですって


クリックで拡大

ブログの更新、しっかり休んでいます。このクソ暑い夏ですもん、“夏季休暇”ってヤツですよ。
もう少し、お休み。
写真は大山のふもと、江府町。稲の緑が陽に輝いていました。

DBS支援をめぐり市長と対論

お伝えしてきましたように、8月3日付『日本海新聞』の『地域深耕論』という企画記事で、『境港と韓国、ロシアを結ぶ定期貨客船に対する鳥取県や地元自治体の税金投入は是か非か』をテーマに、中村勝治境港市長と境港市議・私の「対論」が掲載されました。
この対論の途中にも、DBS社が「週1便への減便」方針を発表するなど、眼が離せない状況が続き、行政側の対応も問われる、鳥取県にとってはとてもホットな話題です。
両者の主張をそのまま転載します(写真も同記事より借用)。県民としてどう考えるべきか、考えあいたいものです。ご意見もお寄せください。
「地域深耕論、あの企画はいいですね。問題が深められる」という日本海新聞編集部へのほめ言葉も聞きました、紹介しておきます。
以下、日本海新聞記事です。

「DBS支援をめぐり市長と対論」続きを読む

多様な民意反映せず

菅直人首相が「年内に実行できるテンポで議論を進めてほしい」と表明している国会議員の定数削減(衆院比例80削減、参院40削減)について地方紙が「社説」や「論説」で批判や疑問の声をあげています。

「多様な民意反映せず」続きを読む

無料・低額診療事業

済生会病院に事務部長を訪ねたら、「定岡議員、えらいけどやることにしたよ。うちの役割です」といって、「無料・低額診療事業」を始めたことを教えてくださいました。
以前、このことで私が病院の考え方をお聞きしにいったことを覚えていらっしゃったのです。

「無料・低額診療事業」続きを読む

大型記事に私もビックリ

一昨日、「今日の『日本海新聞』、もうお読みになりましたか?大型企画記事『地域深耕論』のことです。ご感想、ご意見、お聞かせください」などと書きましたが、「なんのこと?こっちじゃまったくわからない」というメールを東京の方からいただきました。
地方紙ですから、県外の方にとっては当然のことです。わかっていたのですが、なんせ“脳死状態”だったものですから、こまかいことは後日!と逃げたのでした。

「大型記事に私もビックリ」続きを読む

こんどは保育の解体?

民主党政権が6月25日に決定した「子ども・子育て新システム」の基本制度案の要綱を発表しました。
私もまだ勉強中ですが、
① 幼稚園と保育所を廃止して「子ども園」に一本化し、営利企業を積極的に参入させる。
② 利用者は事業所と直接契約し、受けたサービスに応じて利用料を支払う。
というもののようです。
これでは・・・・・・・・

「こんどは保育の解体?」続きを読む

脳死状態です

おはようございます。今日の『日本海新聞』、もうお読みになりましたか?
大型企画記事『地域深耕論』のことです。ご感想、ご意見、お聞かせください。
ところで、毎日、暑いこと !

「脳死状態です」続きを読む

比例削減が重大局面に

菅首相は30日、「衆議院比例定数80削減、参議院定数40削減」で8月末までに党内論議を終え、年内までに各党合意を得るよう、具体的日程を示して枝野幹事長、興石参院議員会長に指示したことを明らかにした。
この民主党・菅首相の態度は、小選挙区制に重心をおいた現行選挙制度のもとで、多少でも多様な民意反映のためのしくみとして機能している比例定数に焦点をあてたもので、民意敵視、じつに傲慢な態度というほかありません。

「比例削減が重大局面に」続きを読む

こどもクッキング教室

29日のことですが、渡公民館のこどもクッキング教室にいきました。市役所の担当課に頼んで日程を教えてもらっていたのです。小学生たち20人ちょっとと付き添いのお母さん一人に、援助するヘルスメイト(食生活改善指導員)のお母さんたちが10人もいらっしゃいました。
私は見学のつもりでしたが、「どうぞ、いっしょに入って」の勧めに、私も生徒。旬の野菜クイズで、「これは何の葉っぱでしょうか? ハイ、定岡く~ん」てことに。

「こどもクッキング教室」続きを読む

 

- サイト内検索


- 月刊アーカイブ

Syndicate XML.