『不破講義』の一読を

「原発神話」は崩れたが、なぜそんなことがまかり通ってきたのか、原発とはなんだったのか・・・。こういうときは“そもそも論”が大事です。
5月10日、日本共産党の第4回「古典教室」で、不破哲三・社会科学研究所所長がおこなった講演で、原発災害について触れた部分が非常に好評です。「科学の目で原発災害を考える」と題して、その部分が共産党のHPでお読みいただけます。

「『不破講義』の一読を」続きを読む

初夏、山路の花を楽しむ

先の日曜日、九条の会の活動で倉吉でした。書きましたように早めにでて小雨まじりのなか山路をドライブ。道中で見かけた初夏の花を4枚。

「初夏、山路の花を楽しむ」続きを読む

“国策”について考える

今日は、倉吉が中心の中部9条の会の5周年イベント。境港九条の会を代表してあいさつにいってきました。そんな予定を話したら、妻が「白壁土蔵群をぶらつきたい」とのこと。二人で早めに出て、小雨の中でしたが、新緑を味わいながら山路をドライブしての倉吉行でした。

「“国策”について考える」続きを読む

こんどは「神の仕業」だと

石原都知事が「東日本大震災は天罰」と言って批判を浴びたが、こんどは与謝野馨経済財政担当大臣が5月20日、福島第一原発事故は「神様の仕業」発言。
与謝野氏は日本原子力発電出身で、原子力発電を推進してきた政治家。「神の仕業」なら「想定外」以上の免罪符だ。思うことはただ一つ、自身や東京電力の責任回避、“免罪”だろう。

「こんどは「神の仕業」だと」続きを読む

加藤登紀子シリーズで

今日も、動画の紹介でおしまい。
“福島”の遥か昔から“原発”を問い続けた加藤登紀子の歌二つ。『原発ジプシー』と『チェルノブイリ』です。どうぞ、お聞きください。

「加藤登紀子シリーズで」続きを読む

報告を、と思いつつも

佐藤栄佐久氏の講演のこと、映画『100000年後の安全』の感想など、12日夜行での急な上京の報告をしなきゃと、思いつつも、15日朝の帰宅後、いろいろ忙しい日々で時間がとれません。
もう少し、お時間を・・・・。

これで終わりじゃ、この野郎!って言われそうですので、次の動画のプレゼント。
ご覧ください。こんな”科学者”もいるんですね。

いま東京です

「地震、津波は天災だが、原発事故は人災だ。起こるべくして起こった」・・・5期18年にわたって知事を務め、実弟の不正な土地取引の疑いと逮捕の道義的責任を取って、知事を辞任、その1カ月後、収賄容疑で逮捕され係争中の前福島県知事、佐藤栄佐久さんが、福島原発事故について直後から批判的に語っていたことは知っていましたが・・・・、

「いま東京です」続きを読む

映画『100,000年後の安全』

菅直人総理が、浜岡原発の停止を要請 ! 立派な決断です。どこにあろうと危険極まりない原発自体の危険性に加えて、なにせ、確実視されている東海、東南海大地震震源域のまっただなかなんですから。この“決断”に、「中部経済が疲弊しないか」、「代替エネルギーの調達コストが・・・」など、まだあれこれ言う人々、勢力もありますが、情けない限りです。

「映画『100,000年後の安全』」続きを読む

初夏の風、さわやか・・・

連休も終わりです。暑かったり寒かったりでしたが、昨日、今日はそれでも初夏の風です。上は下着一枚に短パンになって、妻が手入れする山野草が所狭しの庭歩き。こうして一部を切り取ってみれば、絵になるものですね。ですが・・・・、です。ごめん! だって・・・・

「初夏の風、さわやか・・・」続きを読む

黄砂でノド痛めた

昨日は街頭宣伝。松尾市議が復興財源としてとりさたされる消費税増税について、私が福島原発事故を受けて境港市民、20K圏にある島根原発とどう向き合うか、訴えてきたのですが・・・・・

「黄砂でノド痛めた」続きを読む

3月議会報告PDF版アップ

遅くなりましたが、「3月市議会報告」をPDFで、こちらにアップしました。いま赤旗読者はじめ市民のみなさんに配布中です。
なお、6月議会の日程も決まりました。あわせ、『議会と活動』の方にアップしています。

 

- サイト内検索


- 月刊アーカイブ

Syndicate XML.