なるほど、なるほど

これまで中国電力は、国の『原子力施設にかかる防災対策を重点的に充実すべき地域の範囲(EPZ)』が、8km~10kmであることを理由に、松江市以外との島根原発にかかる安全協定の締結を拒否し続けてきたが、福島の事故を受けて高まる周辺自治体の締結要求に、出雲市を含む松江市との協定、安来市など島根県側の周辺自治体との協定、鳥取県側の境港市、米子市、鳥取県との協定・・・こんな枠組みの締結を検討中のようで、7月5日には鳥取県側の最初の協議が予定されている。
私自身も、そして市当局も市議会もことあるごとに要求してきたことで、福島の不幸な犠牲のうえにたってだが一歩前進と受け止めたい。しかし・・・・・・・・

「なるほど、なるほど」続きを読む

賛成討論

6月議会に、『中学校で使用する新しい教科書の採択に関する陳情』(教育を考える鳥取県民の会代表 草瀬宣輝)がというのがでて、総務文教委員会では「不採択」となって一安心したのですが、本会議で反対討論がでる恐れもあったので、急遽、図書館に検定教科書を見に行ったりして賛成討論を準備。
本会議では竹安議員が「採択せよ」と討論、その後、私の賛成討論でした。
採決の結果は、数人を除く賛成多数で「不採択」といううれしい結果に。以下に私の賛成討論を載せておきます。

「賛成討論 」続きを読む

α線、β線、γ線・・・

昨日は境港九条の会でこんな勉強でした。講師は田中文也さん。テーマは『原発事故と放射能の影響について』。
田中文也さんといえば多くの市民にとっては、『新説・邪馬台国山陰説』の著書もある古代史研究者で、「なんで放射能?」となるのでしょうが、実は、元東京大学核物理学&放射線医学専門研究員で、10年余り、厚生省(当時)医療放射線防護研究班にも属して活動されていた放射線防護の専門家なのです。

「α線、β線、γ線・・・」続きを読む

悔いが残るばかりで

蒸し暑い日中でしたが、それでもいまは風が心地よく、ビールが胃の腑に染み渡ります。今日、一般質問を終えましたが、あれこれ反省。テーマは、防災対策と原発問題、そして退職した市役所幹部職員の天下り問題、これって、人が見えるだけに、言いようにはずいぶん気を使うのですけどね。

「悔いが残るばかりで」続きを読む

花の季節で

大震災から100日。書きたいこといろいろありますが、今日も多用で・・・、庭の花姿の紹介でおしまい。

左から,ベニガクアジサイ、クガイソウ、マツモトセンノウ

原発、共産党の提言

日本共産党の志位和夫委員長は13日、「原発からのすみやかな撤退、自然エネルギーの本格的導入を。国民的討論と合意をよびかけます」という提言を発表しました。

「原発、共産党の提言 」続きを読む

私の質問は21日(火)

6月議会での質問者は11人。結構なことです。13日のくじ引きと議運で、私の質問は21日(火)の2番目と決まりました。<続きを読む>で、全員の日程も紹介します。
昨日はイタリアで・・・・・・

「私の質問は21日(火) 」続きを読む

原子力行政で意見書採択

6月議会の開会日の今日、境港市議会は、「原子力行政に係る安全対策並びにエネルギー基本計画の見直しを求める意見書」を採択しました。
福島原発の事故発生以来、島根原発を間近に高まる市民の不安をうけて、議論を重ねてきたもので、国にむかって、「原子力を基軸としたエネルギー基本計画を白紙から見直し、自然再生エネルギー社会への戦略的転換を図ること」などを求めるものとなっています。

「原子力行政で意見書採択 」続きを読む

今日から6月市議会

いよいよ今日13日から6月市議会。先日書いたように、この議会で私は、次の三つのテーマで質問にたちます。ご意見お聞かせください。

「今日から6月市議会 」続きを読む

福島のキズの深さ

私は福島に友人がいます。自宅は地震、津波の大きな被害は避けられたけど、浜通りに住む娘さんの家は流された。嘆きは大きいけれど、彼女は言う。「それは仕方がない、天災。だが、原発事故は人災。許せない」。
楽しみにしてきた野山の旬も、裏の畑の野菜も食べられない。「いま、放射能に汚された表土を剥がしている。その土を積んで東電の墓標をつくっている」とのこと。
幾度かいった自然豊かな福島のことを、いま、毎日のように想います。

今朝は別な記事を書く予定でしたが、私のお気に入りサイト大脇道場さんで知った空*azurさんの記事を、ほぼそのまま紹介します。

「福島のキズの深さ」続きを読む

境港市で革新懇発足

今日午後から市内で、「境港革新懇の結成の集い」がひらかれます。長い自民党政治が立ち行かなくなり、政権交代。その民主党政権もまた混迷の日々・・・そこに未曾有の大震災と原発事故。政治のあり方がおおもとから問われる激動の時代ですね。

「境港市で革新懇発足」続きを読む

大震災から3ケ月

まだ、9万人を超す人々が過酷な避難所暮らしです。仮設住宅の建設自体、大変な遅れですが、せっかくできた住宅に入居が進まない・・・!生活支援打ち切りの不安から避難所を離れられないのだそうです。考えられない事態です。これが経済大国、生活小国、日本の現実でした。

「大震災から3ケ月」続きを読む

こんなことも・・・・

あったのだそうです。

ここをごらんください。

放射能と人体

政局は、“なんとしたことだ!”というのに、またまた、しばらくの沈黙でした。身辺、忙しい日々という以上に、とくに理由はないが、あちこちで「どうした?」と言われたり、「原発についての発言はよく読ませてもらっているのに・・・」とか、「花の写真が素敵ですね。よく見ませてもらってますよ」と声をかけられて、「お、この方も見ていただいていたんだ」と知って、「やっぱ、書かなきゃね」の今朝です。
午前2時ごろ地震。けっこうな揺れで、すぐ庭へでる戸を開け、TVをつけると震度4。島根県松江市が震源地のようです。別にそれが怖かったからではないですが、あれこれ頭をめぐることがあって、それからずっと起きっ放しです。いまごろになって眠い・・・・。

「放射能と人体」続きを読む

 

- サイト内検索


- 月刊アーカイブ

Syndicate XML.