3号機運転阻止住民訴訟へ

最初に、『村野瀬玲奈の秘書課広報室』の今朝の記事、『福島の「あいまいな喪失」』を紹介です。お読みください。
境港市民にとって、島根原発との向き合い方は避けて通れない問題ですが、県や市の首長たちは、その「存廃」は「国や国民の議論で決めること」と、自らの判断を回避しつつ、「避難計画」や「安全協定」に終始しています。
この間、県がおこなった住民避難訓練にも参加し、いろいろな市民の声も聴きながら、3月議会で、「結局、”避難”では命も地域も守れない」と議論しましたが、当局の姿勢は、なかなかです。

「3号機運転阻止住民訴訟へ」続きを読む

政治家へのメッセージ

Twitterを見ていたら、夕張市議のくまがい圭子さんが、「坂本龍一の政治家へのメッセージ」を紹介していました。


クリックでそのサイトに飛びます。
各界の著名人のメッセージがアップされています。ご覧ください。

気持ち良い一日でした

毎年この季節になると行きたくなるのが、新見市草間のカルスト台地。明日の国保学習会の準備も少し残っているのだが、意を決して朝、妻と出発。少し早い、もしかしたら咲いているのはオウレンぐらいか?と、思いながら車を走らせたのですが・・・・・

「気持ち良い一日でした」続きを読む

私、いま、注目の映画

・・・・・・は、『舟を編む』です。公式サイトをご覧ください。
こういう映画が次々と生まれてくることに、希望を感じます。私たちも良い作品をもっともっと観て、こういう努力を包んでいきたいものですね。

今日は、3月議会最終日。市民の暮らしを守り、市政の正しい発展を願い、一般会計予算案をはじめいくつかの議案の可決に反対し討論します。

無題

「TPP参加反対を」という陳情を、境港市議会の経済厚生委員会は15日、多数で「継続審議」にしました。
まさにこの日、安倍晋三首相が参加表明。その火中にあって、「継続審議」だって!

pm2.5と運動会

3月議会の委員会が続いています。
先日の総務民教常任委員会で、私は市民運動会について、心配なことを伝え、検討を求めました。
それは、PM2.5のことなどです。

「pm2.5と運動会」続きを読む

歴史始まって以来の・・・

「共産党と自民党が一緒になって賃上げを求めるのは歴史始まって以来ではないか。内部留保が賃金に回ればGDPを押し上げる。日本経済が活気づくために重要な要素だ」
・・・・・8日、衆院予算委員会での笠井亮議員への麻生太郎副総理・財務相の答弁です。

「歴史始まって以来の・・・」続きを読む

国会を包む4万人

今日は3月11日。昨日、境港でも集会・パレードが行われたが、今朝は書く余裕がありません。東京では、「原発ゼロ」を求めて、国会を包む4万人との報道。
写真だけ掲載。今朝のしんぶん赤旗より。

「国会を包む4万人」続きを読む

台湾で反原発の10万人デモ

昨日の9日、台湾で原発建設中止を求める10万人デモが行われた。
毎日新聞電子版3月9日より紹介です。

「台湾で反原発の10万人デモ」続きを読む

なんで? 教えて!

昨日の本会議質問。ごらんいただいた方から、


家内と2人で中継テレビでの放送を視聴しました。時間不足は残念でしたが、広域避難計画が境港の焦点になっている時ですから、再質問がこれに偏ったのはやむ終えないと思います。いい答弁を引き出すことが出来んではないでしょうか。

と、メールをいただきました。
お褒めであれ、不足や叱責であれ、こういう反応がいちばんうれしいものです。がんばってるつもりなのに、なんの反応もないのが、いちばん切ない。

「なんで? 教えて!」続きを読む

今日、本会議質問

教育長答弁に思わず拍手

昨日の本会議。田口俊介議員(公明党)の、いじめや体罰に関する質問への佐々木邦広教育長の答弁は、「いじめや体罰の本質は暴力」とし、定義も論旨もじつに明快、ずいぶん気持ちも力も入ったものだった。
聞いていて思わず拍手。自分一人で、ちょっと、自分で白んでしまったが、良い答弁でした。

「教育長答弁に思わず拍手」続きを読む

TPPの本質は

3月6日付日刊ゲンダイ
クリックで拡大します

この間、落ち着いて書く余裕がなかったが『TPP』。安倍晋三氏と自民党が交渉参加への舵をきった。
マスコミの叱咤激励もつづく。3月議会でも陳情がだされ、議論になることだろう。
「日米共同声明は関税撤廃の『例外』や『聖域』を認めた」などの大嘘も見えたし、TPP後の日本の姿もずいぶん語られるようになった。自民党の公約違反の声、ますます大きくなることだろう。

そこに、紹介した記事のような情報が。大脇道場さんから転載。

もとになっている米市民団体のチャンネル

フランスとの往復メール

私の古い記事、『赤いポスター』にコメントいただいた『イル・サンジェルマンの散歩道』さん(以下敬称略)との交換メールを、日本とフランスの教育の違いを知る一つの示唆として紹介します。

「フランスとの往復メール」続きを読む

これが原発ムラの本音

安心なものできるわけないじゃないですか。
あんな不気味なもの・・・

福島事故時、原子力安全委員長だった班目春樹氏の本音ビデオです。2005年の記録。ご覧ください。

夕張市議のくまがい圭子さんのブログから見つけました。

私は8日(金)2番目

昨日、質問通告が締め切られ、この議会では、二つの会派の代表質問と関連で7人、ほか6人が各個質問にたち、抽選で私はラストバッターに。
8日(金)の10時から始まる松尾議員の終わり次第です。

IL DIVOを聴きながら

いま、泣いて帰ってきたとこ。境港に来て民商運動に入ってから知り合った運送会社の奥さんが亡くなっていた。昨日がご葬儀だったのですが知らなかった。夕べ聞き、今日、朝から夕方までかかった議会を終えて、すぐご自宅へ。
微笑みいっぱいの遺影を前に、ご主人や娘さんと思い出を語り合いながら、涙してきた。
とっても豪放磊落な方で、心底私のことをご支援してくださっていた。お孫さんと私の息子が、めったない名前なのに同じとあって、近しい感情は人一倍でした。事務所に訪ねてはお茶よばれ、業界のことや地域のことなど、よく聞かせていただいていた。

「IL DIVOを聴きながら」続きを読む

この議会で私は

今日から3月議会。21日閉会予定です。私が今回の議会で取り上げるのは次の二つ。


① 県と市が案としてまとめた『原子力災害広域防災計画』について、中身を質しながら、「避難」で放射能汚染から住民の命と健康、財産を守れるか。危険な火種=原発をなくすとりくみこそ自治体の一番の責務と正していきたい。
-
② 市が条例改正案を出してきた「下水道の排水基準を緩和し、大口利用者の使用料を減免する」との考えに対し、市の処理費用の増加、施設の老朽化にならないか、製造業支援というが、それならなぜ、現状、1社しか対象にならない基準か。排水基準を緩和し、大口を減免となれば、一般使用者の負担に跳ね返ることになるが、と質したいと思っています。

条例改正の提案は6月議会かと勝手に思っていたので、準備がちょっとバタバタでした。

 

- サイト内検索


- 月刊アーカイブ

Syndicate XML.