「地方をつくるのは地方だ」

私たち共産党市議団が主催した「地方創生を考える」藤田講演会が終わりました。50数名の参加でしたが、共産党の講演会などはじめてというお顔もたくさん。広島県庄原市から2時間かけて来たという方までいらっしゃった。私のブログで知ったのだそうです。
竹内町の70代女性は、「難しい話かと思っていたが、なんとわかりやすい話」と言い、日吉津村から来た女性村議は、「地方創生をどう考えたらよいか、とてもよくわかった。うちでもやりたい」との相談も。
「上からいわれてやるもんじゃない。地方をつくるは地方だということがよくわかった」(60代男性)・・・など、好評の講演会となりました。

「「地方をつくるのは地方だ」」続きを読む

日程も増やして討議促進

今日は3月議会の1周間前議運でした。市から新年度予算案の説明もおこなわれました。いよいよ3月4日から3月議会です。

150225.jpg
いろいろ議会改革を進めている境港市議会ですが、この3月議会からは委員会審議の日程も従来より2日長くし議員間討議の促進をめざします。会期も2日伸びることになりました。
議員も自分の主張を述べて終わりではなく、議案の問題点にそって議論しあう・・・こうした力をつけていかなければなりません。そのためにはいままで以上に幅広い見識が求められることになりますね。
ご注目、ご期待のほど、よろしくお願いします。

市もプレミアム商品券発行

境港市もプレミアム商品券を発行することが決まりました。今日の臨時議会にこの事業を盛り込んだ一般会計補正予算案が上程され、審議のうえ全会一致で可決成立しました。
この事業は、国が景気刺激策として打ち出し、地方に配分される「地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金」を使って実施するもので、10,000円の商品券(1,000円チケット12枚綴り)を買えば、市内の加盟店舗で12,000円分の買い物ができるというものです。発行額は2億6,000万円。20%のプレミアム分5,200万円は国の交付金を充当します。

「市もプレミアム商品券発行」続きを読む

こんな夜は・・・

金曜日から妻は大阪。しんぶんの赤旗の配達・集金に藤田講演会のお誘い、そして3月議会の質問準備・・・少し疲れたこんな一人の夜は、やっぱり真空管アンプの灯をともし、60年代のミュージックシーンですね。ウイスキー片手にね。
その中から今夜は、一世を風靡したイギリスのロック・バンド、プロコル・ハルムの『青い影』をお届けします。

「こんな夜は・・・」続きを読む

藤田安一講演会再度の案内

24日の臨時議会にかかる一般会計補正予算で、『まち・ひと・しごと創生総合戦略策定事業費』が計上されています。いよいよ「地方創生事業」の具体化がはじまるというわけです。
「地方創生」・・・鳴り物入りで国が推進する事業ですが、果たして・・・・・。
地方の現実からしっかり勉強したいですね。

「藤田安一講演会再度の案内」続きを読む

調べていたら・・・・

こんどの3月議会で、「子どもの医療費助成、高校卒まで拡大を」と提案するつもりで準備していたら、今朝の日本海新聞で、県知事が「3人目からの保育料無料化と高校卒業までの医療費助成拡大をしたい」との考えを示したとの報道 !
先日、境港で医療費助成を高卒まで拡大するのに必要な新たな経費はいくらか、市の担当課に調べてもらいました。ざっとした、じつに荒っぽい推計とのことですが、約1400万円ぐらいとのことでした。

「調べていたら・・・・」続きを読む

活かせ災害時、行かすな戦地

今日、市議会に、陸上自衛隊の中部方面ヘリコプター隊として美保基地に配備されることになる大型輸送ヘリCH47JAについての騒音測定結果報告がありました。
1月31日におこなわれたデモフライトでの測定結果は、飛行経路から700m程離れたあたりで最大平均値が約76~77db、1km程離れた地点で67~69db。騒音が20秒から場所によっては2分近く続くというものでした。

「活かせ災害時、行かすな戦地」続きを読む

3月議会から一問一答

3月4日(水)から3月定例市議会が始まります。
この議会から境港市議会は、『一問一答方式』を選択できることになりました。
そこで昨日は議運のあと、この新しい方式による一般質問の予行演習をしてみました。議員質問席はまだ仮のものです。

「3月議会から一問一答」続きを読む

パブコメ-市民会館

これも旧聞に属することですが、境港市では市民会館も耐震診断の結果、一昨年暮れからホールが使用禁止になっていて、昨年来、どうするか、市民検討会議で議論が続けられてきました。
市民検討会議の基本構想案もほぼまとまり、2月6日から3月5日までの期間、パブリックコメントに付されています。
基本構想案はこちらから読んだり、ダウンロードしたりできますが、構想のタイトルが『美保飛行場周辺まちづくり構想』となっているように、補助率の高い防衛省補助を受け、防災施設という性格も持たせて整備するもの。

「パブコメ-市民会館」続きを読む

市民体育館の耐震改修

議会報告会でもお伝えしている市政の課題を幾つか報告していきます。介護保険の見直しの件とトライアルという大型店進出のことは書きましたので、次に市民体育館のこと。

耐震診断の結果、一昨年12月から市民会館も使用禁止になっている境港市ですが、こんどは市民体育館が、やはり耐震診断の結果、”震度6強~7程度の大規模地震で倒壊の危険がある”ということで、2月1日から使用禁止となりました。
市民体育館は築35年、老朽化もあり、市教委はもともと2017年度に耐震補強工事を予定していたのですが、ほんとまあ、大変なこと続きです。

「市民体育館の耐震改修」続きを読む

7ケ所の議会報告会でした

2月12日午後の上道会館を最後に12月議会報告会が終わりました。
こんども市内7校区のすべてで開くことができました。
12月議会での共産党議員の質問や活動について安田とも子市議が、市民会館のことや介護保険、地方創生の動きなど市政の課題となっていることについて私が、国の動きも含めて報告しました。

「7ケ所の議会報告会でした」続きを読む

風邪が長引いて

しばらくぶりのブログ更新となってしまいました。
2月中旬、風邪にやられ熱はなかったのですが、鼻水、咳、あちこちの痛みで、グズグズの日続きでした。お医者にも通い、治ったようだったのでバタバタしていたら、ぶり返し、そのうえ処方された水薬の副作用で便秘。みぞおちから下腹部まで痛みが続く数日でした。準備してきた民生委員協議会との懇談会はじめ、議会のしごとも共産党の会議も欠席。多方面にご迷惑をかけました。
ようやくキイボードに向かう気力がでてきました。

「風邪が長引いて」続きを読む

パブコメ-介護保険

新年度から向こう3年間の高齢者福祉や介護保険についての市の計画案=『第6期境港市高齢者福祉計画・介護保険事業計画(案)』が公表され、パブリックコメントが募集されています。期限は2月13日(金)までとなっています。
詳細は こちら です。

「パブコメ-介護保険」続きを読む

夕日ヶ丘にスーパー進出計画

今日、市の土地開発公社理事会が開かれ、夕日ヶ丘団地へ進出を予定している株式会社トライアルカンパニーとの事業用借地契約を設定することが承認されました。同社の概要はこちらをご覧ください。
場所は竜が山球場のとなりですが、夕日ヶ丘に敷地面積4、386坪、売場面積1、327坪の食料品や衣料品、日用品などを販売する、24時間型の総合物販店「トライアル」が進出することになります。オープン予定は来年2月24日。新規雇用人数は120人を予定とのことです。
理事会を前に私は、近隣の地元スーパーの社長や連合自治会長たちの意見を聴き歩きました。

「夕日ヶ丘にスーパー進出計画」続きを読む

”地方創生”で地域は?

共産党境港市議団は2月28日、「地方再生の可能性はどこに-----安倍政権の”地方創生”を考える」という講演会を主催します。
お話いただくのは、地域づくり、公共政策が専門の鳥取大学地域学部・藤田安一教授です。
 

議員団主催講演会 第2弾

昨年7月27日の『原発避難計画を考える講演会』につづく議員団主催講演会第2弾です。
昨日から会議所はじめ商店街など諸団体へ申し入れ活動を始めました。「大事なことですね」、「私たちにはできない企画です」、「参加させていただく」などと歓迎の声次々です。

「”地方創生”で地域は?」続きを読む

今日から議会報告会

議会ごとにおこなっている共産党議員団と支部共催の議会報告会。アップが遅くなりましたが、今日から始まります。
報告とともに、いつもみなさんからの市政への要望、ご意見もうかがっています。

「今日から議会報告会」続きを読む

「イスラム国」を憎む、が

高度に国家間の外交交渉、駆け引きに属する出来事で、その最中に論じる力などなく、只々、無事の解放を願って黙してきましたが、後藤健二さんの命が奪われてしまいました。
罪もないどころか、貧困と戦火にあえぐ中東の人々、子どもたちに心を寄せ、世界に発信し続けてきた彼を殺害するなど、断じて許すことはできない。
まさに非道・卑劣なテロ組織・「イスラム国」を憎む。
そう、「なんという連中だ」、「獣か」と、私も、憎む。
世界は一致して、彼らを封じ込めなければならない。

「「イスラム国」を憎む、が」続きを読む

 

- サイト内検索


- 月刊アーカイブ

Syndicate XML.