障害者虐待

昨日、障がい児(者)育成会との懇談のこと、親亡き後の子の心配や”老障介護”といった厳しい現実のことを書いたばかりですが、今日、Facebookで知ったのは福祉施設職員による知的障がい者への虐待。5月28日のフジTVのニュースのようです。

「障害者虐待」続きを読む

”老障介護”、”親亡き後”

昨日は市内の障がい児(者)育成会と市議の懇談会。育成会からの提案を受けてのことでしたが、各界との懇談会を進めている市議会としては大歓迎。
12名の市議が参加し、遠くの学校、施設への通学、通所のこと、親亡き後の子の心配、”老障介護”という言葉もでました。障がいを抱えた方や家族のご苦労、要望をじっくりとうかがうことができました。

「”老障介護”、”親亡き後”」続きを読む

眼の保養に庭の花々

戦時下の国策ポスター展のあと、一息つく間もなく6月1日の議会改革推進特別委員会の準備で、市民懇談会に配布する議会としての3月議会報告集の起案作業が続いています。
はあ、もう・・・・・。

「眼の保養に庭の花々」続きを読む

盛会でしたポスター展

境港九条の会が主催した『戦時下の国策ポスター展』と『会創立10周年記念講演会』が終わりました。
ポスター展は約270人、講演会は76人の来場者でした。市内から幅広い方たちがおいでくださいまたし、遠くは真庭市、八頭町、鳥取市などからもあり、「ウチの町でも開きたい」との相談や「九条の会に入りたい」という元自衛官という方もいました。
戦後70年、改めて戦争とは・・・、と考える良い機会となりました。また、地元2紙の他、朝日、毎日、中海CATVもとりあげるなど注目度の高いイベントとなりました。
後援はじめいろいろとご協力いただいたみなさん。ありがとうございました。

「盛会でしたポスター展」続きを読む

季節は初夏ですね~

今日は外江支部3人の方といっしょに「戦争立法許さない」と街頭から宣伝。午前中8回訴えてきました。家から出てきて「がんばって」というおじさん。車の中から会釈返してくださるご婦人。訴えている場所の向かいの家の中から、安倍政権のことでしょう、「支持率が5割きったがな」という声・・・・。
日差しはすっかり初夏。家のヤマボウシも満開です。

150519-yamabousi.jpg

見ることも参加だ

沖縄の歴史だけでなく、「対米従属」=日本の戦後政治を変える転換点になるものです。長く記録しておきたい。
2015年5月17日 35,000人が結集した那覇市の沖縄セルラースタジアムで開かれた『戦後70年 止めよう辺野古新基地建設!沖縄県民大会』の、『琉球新報』による全記録です。
「断じて辺野古新基地はつくらせない」・・・沖縄県民の熱気が伝わってきます。
翁長知事は、「安倍晋三首相は『日本を取り戻す』と言っているが、沖縄は入っているのか。沖縄はいつまで自らを投げ捨てなければならないのか。あらゆる手法を用いて辺野古に基地は造らせない」と訴えています。


さあ、また大仕事

沖縄の県民集会は35,000人が集まっての大成功のようです。オール沖縄の決意をしめした。
大阪「都」構想の住民投票は、開票が始まったものの、賛否拮抗する結果の判明は深夜とのこと。
今夜は境港市の話題。
一昨日は6月議会1ケ月前の議会運営委員会と議会改革推進特別委員会でした。議会改革特別委員会は、『議会だより』検討部会がおこなった大山町議会視察の報告を受け、8月にひらく『市民と議会の懇談会』準備がテーマ。

「さあ、また大仕事」続きを読む

「あげそげ」にも

--------- といっても、県外の方々には「なんのこと?」ですよね。
鳥取県の西部圏域をカバーするミニコミ誌に『あげそげ』というのがあります。
先日、県のイベント情報誌「Arte」や朝日新聞販売店の情報誌、CATVと、多彩な宣伝活動を紹介しましたが、この『あげそげ』5月15日号に、境港九条の会主催の『戦時下の国策ポスター展』と『藤田安一さん講演会』の紹介記事が載ったのです。
しかも、「この企画は重要だ」とのコメント付き。

画像は、関連部分だけ切り取ったものです
クリックで拡大します

『あげそげ』編集部さま。ありがとうございます。

戦争準備No!と全戸ビラ

明日14日、安倍政権は、集団的自衛権行使を可能とする戦争立法を閣議決定します。
紛争を平和的に解決する努力より、戦争でやっつけることに執念の具体化。境港九条の会は、一昨日の地元新聞、日本海新聞と山陰中央新報に10,000枚のチラシを折込ました。お読みいただいた方、いかがだったでしょうか?
ここにも紹介しておきます。画像クリックで拡大します。

「戦争準備No!と全戸ビラ」続きを読む

今日が最後の3月議会報告

7校区ごとに進めている議会報告会ですが、3月議会報告会も
今日、午前10時から
境公民館
で最後です。


「今日が最後の3月議会報告」続きを読む

「広がる大阪なくすな」の声

橋下市長がすすめる大阪「都」構想の住民投票が一週間後。昨日は、自民党、共産党が合同で演説をおこなったのを始め、さまざまに「都」構想に反対する運動が繰り広げられました。
「大阪市をなくすな!5.10市民大集会」での二人のあいさつを今朝のしんぶん「赤旗」より転載、紹介しておきたい。
二人のあいさつを読めば、橋下・維新の無法ぶりがよく見える。

「「広がる大阪なくすな」の声」続きを読む

多彩な宣伝が

先日お伝えした『戦時下の国策ポスター展』のとりくみ、多彩な宣伝が進められています。
ご紹介。

「多彩な宣伝が」続きを読む

戦時下の国策ポスター展

映画でも観たのですが、先日、TVで『母べえ』の放送がありました。吉永小百合が主演で、第二次世界大戦というあの暗い時代に2人の娘を明るく育てた女性の姿を描いた山田洋次監督作品ですが、戦争がどんなに普通に生きることを困難とするのかを淡々と描き切った胸に迫るものでした。
その戦争は国民の総動員なしに遂行しえないものですね。NHKの朝ドラ『花子とアン』でも『マッサン』でもそうでしたが、戦時下の世相を描くとき、必ずと言っていいほど出てくるのが、あの「欲しがりません 勝つまでは」とか言った国民総動員のための標語ポスターです。
『母べえ』でも、「勝利だ 戦費だ 国債だ」というポスターが壁に貼られていました。

「戦時下の国策ポスター展」続きを読む

ガーデニング

適当なお湿りもあり好天に恵まれたGWですが、明日までとなりましたね。
みなさん、いかがお楽しみですか?
世情色々大変ですが、グリーンシャワーを浴びにいったり、ガーデニングにと楽しい刻を過ごしました。
今日の庭で撮った花々を短冊風にまとめてみました。

「ガーデニング」続きを読む

この素晴らしき世界

少しまえ、『映像の世紀』や『パリは燃えているか』など紹介しましたが、今日は昨日4月30日、ベトナム解放の日を記念し、ルイ・アームストロング、彼の『この素晴らしき世界』です。

「この素晴らしき世界」続きを読む

 

- サイト内検索


- 月刊アーカイブ

Syndicate XML.