安保法案の請願、否決。でも

6月議会も終盤。今日は常任委員会での議案や陳情などについての最終討論と採決の日でした。
総務民教常任委員会では『ヘイトスピーチを禁止し処罰する法整備を求める陳情』を、8人の委員中3人が『趣旨採択』としたものの、賛成多数で『採択』し国に意見書を出すことを決めました。
昨年は『趣旨採択』でしたから一歩前進です。

「安保法案の請願、否決。でも」続きを読む

『私は何者でもないけれど

いや、何もない私だから・・・』と、マイクをもって、堂々と”自分の意見”を主張する若い人たち、これまであまりなかったことです。大きな変化が起きています。

昨日の『戦争したくなくてふるえる』に続く
若い女性の本気の訴えです。聴いてください。

「『私は何者でもないけれど」続きを読む

戦争したくなくてふるえる

「戦争は怖い。イヤだ。許せない。むかつく…。」
音楽とおしゃれが好きで、政治には関心がなかった19歳、フリーターが声を上げ、ネットでよびかけたデモに、700人の若者たちがあつまった。
デモの名前は『戦争したくなくてふるえる』。素晴らしいネーミング。
国会周辺でも若者たちの運動が著しい。
戦争法案で揺れる日本社会に、3.11以来の新たなうねりが起きている。
デモはすんだのですが、この動画には彼女のまっすぐな気持ちがよく読み取れるので、記録にとっておきたくて、紹介。

「戦争したくなくてふるえる」続きを読む

奢れる自民、暴走極まる

150627-01.jpg
戦争体制と言論弾圧は表裏一体。
ナチスも最初に手をつけたのは言論弾圧だった。
奢れる自民の、暴走の行くつくところですね。
その片方で、『朝まで生テレビ!』を自民・公明の全議員がドタキャン! したのだそうです。
自民が禁止令らしい。
で、なんで、あれほど、「自民党の暴走を抑える」ため政権にいるはずの公明党までドタキャンなの? 
「自民党と足並みをそろえたい」・・・与党病極まった、ですね。

「奢れる自民、暴走極まる」続きを読む

喧々諤々 安保法制

今日、境港市議会では安保法制をめぐる議員間討論。そもそもの違憲性についてや法改正がもたらす集団的自衛権行使の現実的危険性など、ケンケンガクガクの討論がおこなわれた。いささか整理できていない議論もあるけれど、それぞれが、この重大問題をどう受け止めるか、結構な議員間討議となった。
採決は30日。

「喧々諤々 安保法制」続きを読む

フウー。でも、まあ

フウ~。今日の本会議質問、終わりました。
「戦争法案許して良いか」・・・こんなテーマで、そう簡単に市長の良い答弁引き出せるとは、もともと思っていないが、「国政の根幹をなす問題。国においてしっかり議論をしていただきたい」の一点張り。
あんまりの国会審議の体たらく、憲法学者や元法制局長官などまで広がる「憲法違反」との怒り、8割もの国民が納得していない現実・・・あれこれ切り口を変えても、「だからしっかり議論を。私の所見は差し控えたい」・・・だ。
フウ~。

「フウー。でも、まあ」続きを読む

特定空き家の解体助成

境港市が6月市議会に提出した一般会計補正予算に、「特定空き家除却支援事業補助金」300万円が計上されています。
平成26年7月1日に施行した『空家の適正管理に関する条例』にもとづき、『特定空き家』と指定された危険家屋の解体・撤去の促進のため、県と市あわせて60万円を限度に費用の2分の1を補助するとしています。

老朽家屋対策の経緯

市内に増える危険家屋、この問題を初めて市議会に持ちだしたのは私。今日ほど問題にはなっていない6年前、平成21年12月議会のことでした。

「特定空き家の解体助成」続きを読む

「このけんか買うしかない」

・・・・・安倍政権の暴走に学者の怒りが噴出しています。
「安全保障関連法案に反対する声明に賛同する学者の数が3000人を超えた」・・・「学者なんぞが何者よ」、数におごった自民党が虎の尾を踏んだのですね。

以下は、今朝の新聞各紙に報道された共同通信の配信記事。保存のため持ち帰り。

「「このけんか買うしかない」」続きを読む

3人目の保育料無償化

いよいよですが、6月議会への補正予算案に、3人目の保育料無償化の予算が盛り込まれています。当然、この措置に私たちは賛成ですが、予算が通れば、今年9月から3人目の幼稚園や保育所の保育料が無料となります。
鳥取県と市町村が協調して全県で実施するものですが、所得制限や第1、2子の年齢などの制限はなく、戸籍上の3人目であれば無料となります。第3子以降の保育料無償化はことし4月から富山、福井、京都でも実施していますが、所得制限や年齢条件を設けないのは都道府県として鳥取県が全国初のとりくみです。
保育料の軽減は子育て世代の切実な願いですし、少子化対策のうえでも期待されます。県内でも新日本婦人の会などが要望活動を続けてきました。

「3人目の保育料無償化」続きを読む

成長する若者たち

戦争法案に反対する若者たちの運動が著しい。
一昨日は、国会を包囲した25,000人の行動、ここにも多数の若者が参加した他、渋谷でも数千人が集まって、ドラムやラップ、賑やかな若者のデモが行われた。
ここでは、6月12日、SEALDsという若者グループの国会前行動で、集団的自衛権という言葉を聞くようになるまで、「社会に関心などなかった」という女性の、”戦争立法の本質”をついた、”本気の訴え”と若者たちの熱気を紹介します。
冒頭部分です。

「成長する若者たち」続きを読む

政策空き家、いつまで?

 市には戦後早い時期に建てた市営住宅があります。木造平屋で間取りも少ないものでしたが、「衣・食・住」と言われる生存の基本条件=”住まい”を貧しい人々に提供という大事な役割を果たしてきました。
 しかしもう、築60年、50年。あちこち傷んでいます。市は新規入居者は募集せず、入居者がいなくなり次第、取り壊す考えで、一般市営の空き家と区分して『政策空き家』と呼んでいます。
 この住宅まわりを歩いてみました。

「政策空き家、いつまで?」続きを読む

地方紙が共産党大特集

境港市議会は6月15日から6月議会で、今日は一週間前議運と議会改革推進特別委員会がありました。
安田とも子議員が、持ってきた新聞をみてびっくり。山陰中央新報でした。一面ほぼ全部使った、【キャッチ山陰】の『共産党「躍進」の背景と課題』という共産党大特集です。

「地方紙が共産党大特集」続きを読む

環境整備はできているか

「年寄りの自転車には、こんな段差も危険なのよ」、「標識はあったりなかったり。自転車は歩道か、車道か、わかんないところいっぱいよ」・・・ずっと以前からこんな意見が寄せられていましたが、6月1日からの自転車の違反取り締まり強化。
この際にと、車の運転はダメ、もっぱら自転車の妻といっしょに、私も自転車で市内を走ってみました。
これはなんじゃい!と思うこと、いろいろあるのですが、私自身がルールをよく分かっていないこともあるので、今日はまだ断定的な指摘はできませんが、いくつか。

「環境整備はできているか」続きを読む

いつまでグダグダと・・

150606.jpg

シンポジュームで発現する佐藤名誉教授


「憲法の個別的な修正は否定しないが、(憲法の)本体、根幹を安易に揺るがすことはしないという賢慮が大切。土台がどうなるかわからないところでは、政治も司法も立派な建物を建てられるはずはない。イギリスやドイツ、米国でも憲法の根幹が変わったことはない。いつまで日本はそんなことをぐだぐだ言い続けるのか」

「いつまでグダグダと・・」続きを読む

また、不調のMy-PC

8月の『議会と市民の懇談会』の成功へ、今日は議会改革推進特別委員会の責任者として公民館長会議へごあいさつ。
午後は議員団会議で、6月議会の相談、準備。
帰ってから私の好きな原種のガーベラを撮って、My-PCの壁紙にしてみました。

「また、不調のMy-PC」続きを読む

 

- サイト内検索


- 月刊アーカイブ

Syndicate XML.