好評な幕開けでした

遅くなりましたが、7月から始まった境港楽第1回、渡部敏樹さんの『中海の四季』の報告です。参加登録などしていないので、まったく予想つかなかったのですが、参加者は50名ジャストで一安心。
鳥取県社協のシニアバンクが取材にこられ、ホームページに紹介されています。
18人から寄せられた感想も高評価なものばかりで、3人の感想を転載しておきます。

「好評な幕開けでした」続きを読む

いよいよ7月、開講です

おはようございます。一年、早いもので、いよいよ7月です。
2年目の『境港楽』がはじまります。

クリックで拡大

第1回は、『中海の四季』で、講師はNPO法人自然再生センター副理事長の渡部敏樹さん。

渡部さんは、「かって、“豊饒の海”といわれた中海。そこには明確な四季があった。沖合40mほども潮が引き潮干狩りに興じた春の海、遠浅の海がいたるところにあり、海水浴や魚取りでにぎわった夏の海、そして、秋、冬・・・と。昭和30年代前半ごろまでの姿を通して、中海のいまとこれからを考えたい」と語っています。

日時は、7月11日(木)午前10時~正午、会場は境港市老人福祉センターで、参加費(資料代)は500円です。お出かけください。
問い合わせは、境港楽習会 定岡 (☎090-8064-6191)まで。

 

- サイト内検索


- 月刊アーカイブ

Syndicate XML.