ララ・ファビアンという歌手

私が、『村野瀬玲奈の秘書課広報室』というサイトを気に入っている理由のひとつは、彼女の幅広い教養によって紹介される素敵な音楽に出会えることだ。

今日は彼女のサイトから、こちら、ララ・ファビアンを紹介。『ジュ・テーム』は有名なので、必要ないと思うが、『泣く友をみる』は、彼女の訳詩による歌詞も転載しておきます。お楽しみください。
村野瀬玲奈さん。いつも勝手なことしてごめんなさい。そして、ありがとう。

泣く友をみる



■ 泣く友を見る (Voir un ami pleurer)
-------------(作詞作曲: ジャック・ブレル 1977年)
もちろん、アイルランド戦争がある
音楽を知らない野蛮人たちもいる
もちろん、やさしき人々もこんなに足りない
もはやアメリカもない
もちろん、金に匂いはない
鼻先に立ち上る匂いもない
もちろん、われわれが歩くと花が踏み潰される
しかし、泣く友を見ることは...!
-
もちろん、われわれの数々の敗北がある
そのうえ、道の果てには死がある
われわれの身体はすでに頭を垂れ
まだ立っていられることに驚く
もちろん、女性たちは不実で
鳥たちも殺された
もちろん、われわれの心は翼を失う
しかし、泣く友を見ることは...!
-
もちろん、これら五十歳の子どもたちが
町々を磨り減らした
彼らを助けられないわれわれの無能
愛も歯痛で苦しむ
もちろん、時はあまりにも早く過ぎ行く
メトロは溺れた者たちで満員
真実はわれわれを避ける
しかし、泣く友を見ることは...!
-
もちろん、われわれの鏡は公明正大
ユダヤ人でいる勇気もなく
黒人でいる優雅さもなく
蝋燭の芯だと思っていても燃え落ちる脂にすぎないわれわれ
そして、この人間たちすべてはわれらの兄弟
愛によって彼らがわれわれを引き裂くことに
これ程もはや驚きもない
しかし、泣く友を見ることは...!

ジュ・テーム

こんなライブもある。じつに感動的。こちらは、ぜひフルスクリーンでお楽しみください。
ララ・ファビアンについての詳しいことは村野瀬玲奈さんの記事・こちらをお読みください。

Comments.

ララ ファビアンの歌をみつけ、聴いていると何故か感動を覚え涙していました。
それが、歌の内容だったのですね。
それが、貴HPに出会え分かったことです。本当にありがとうございます。
また、私の安倍政権に関する評価も同じことに驚きいています。

村野瀬さま。ありがとう。ほんと、良いですね。ララ・ファビアン。ですが先日、レコードショップにいったのですが、なかったのです。田舎ですね。
こんどはネットで入手しようと思っています。
ところで、沢田研二の『脱走兵』が入っているDVDなどご承知ないでしょうか?

Post Comment.

(公序良俗に反するもの、悪意ある投書を防ぐため、管理者承認ののち表示させていただきますので、ご了解ください。)

名前:

メールアドレス:

URL:

この情報を登録しますか?

コメント: (スタイル用のHTMLタグが使えます)

Trackbacks.

このエントリーへのトラックバックURL:
http://www.sadaoka.net/mt/mt-tb.cgi/785
 

- サイト内検索


- 月刊アーカイブ

Syndicate XML.