なんとも、はや

事業仕分けについて、昨日初めて書きました。低所得者への地デジ対策の削減でみた、ここまであからさまな“非情”になんとも怒りを抑えられなかったからです。
この数日の“事業仕分け”にも、“なんだ、これは!”と思うことがいくつもありましたが、抑えてきました。たぶんにショウ染みてはいても、国家予算というものの組み立て、ムダづかいの構造を“国民の目の前にさらした効果はありかナ“とも思っていましたし、”もう少し様子を”と思ったからです。“政治主導”とは、こういうことかとも思いながら・・・・。ところが・・・・・・・。

11月17日15時33分配信 時事通信によれば、“事業仕分けに極秘マニュアル”があった。今日のしんぶん赤旗は、極秘マニュアルの写真付で報道しています。
091118.jpg


政府の行政刷新会議が2010年度予算概算要求の無駄を洗い出す「事業仕分け」で、事務局が極秘の査定マニュアルを作成し、民間有識者など仕分け人に配布していたことが17日、明らかになった。財務省の視点に基づき、仕分け対象事業の問題点を列挙、各担当省庁の主張に対する反論方法まで具体的に指南する内容。政治主導を掲げた事業仕分けが、財務省主導で進んでいる実態が明らかになった格好だ。
事業仕分けは、予算圧縮に向けて国会議員や民間有識者ら仕分け人が、各省庁が要求した事業項目を外部の目を通じ、「財務省には無い視点」(枝野幸男ワーキンググループ統括)でチェックする仕組み。すべて公開で実施され、鳩山政権初の予算編成に当たって導入された。
査定マニュアルは、事業仕分け前に「参考メモ」として仕分け人に配布され、事業ごとに「論点」を提示し、問題点などが個条書きされている。マニュアルに従えば、対象事業に詳しくない仕分け人でも、厳しく問題点を指摘できる仕組みだ。 (11月17日15時33分配信 時事通信)

あの民主党議員たちの切り口も、“有識者”と称される必殺仕分け人たちの決めゼリフも、財務省仕込みだったとは。いや、そうだろうなあ、という想いはあったのですけどね。
もう、はっきり言います。事業仕分けに異議アリ ! 国会でこそ充分時間をとって、こうした議論を堂々とせよ ! 
・・・と思ったら、昨日(17日)の参院厚生労働委員会、新政権発足後初めて開かれた委員会だというのに、雇用・医療・年金・介護などなど問題山積の委員会だというのに、質問にたったのが共産党の小池晃議員だけだった ! 民主党は、「与党だから」と質問を求めず、野党となった自民・公明は、「準備時間がない」のだと。
なんとも、はや

Comments.

いやはや、あいた口がふさがらない、とはこのことでしょうね。

Post Comment.

(公序良俗に反するもの、悪意ある投書を防ぐため、管理者承認ののち表示させていただきますので、ご了解ください。)

名前:

メールアドレス:

URL:

この情報を登録しますか?

コメント: (スタイル用のHTMLタグが使えます)

Trackbacks.

このエントリーへのトラックバックURL:
http://www.sadaoka.net/mt/mt-tb.cgi/1069
 

- サイト内検索


- 月刊アーカイブ

Syndicate XML.