公園チェックー(3)

今日、市議会の尾原ダムと斐伊川放水路視察がありました。その報告も必要ですが、今日は、引き続き、公園チェックシリーズ。
一昨日、夢みなと公園も歩いてみました。
この記事、県の関係者の眼にとまるとうれしいのですが。

kouenv-01.jpg

夢みなと公園

いまから16年前、1997年に開催された山陰・夢みなと博の跡地利用として鳥取県が整備した公園です。
こちらにもみるように、家族ぐるみ、ゆっくり楽しめる素敵な公園です。ここのボードウォーク(写真・右上)から朝日の上がる大山を観たのを思い出します。
kouenv-05.jpg

ここにも木製の立派な遊具があります。ですが、ところどころ板が張り替えてありましたが、一番高いところに乗ると、少しユラユラ。この程度なら大丈夫かな~?。いやあ、早く手をいれなきゃね。

下の写真もみてください。
kouenv-04.jpg


公園内あちこちにある木製のフェンスです。腐れて、はずれて・・・。寄りかかったら、もう転落です。
歩きながら、よくTVでみる「二度とこのようなことが無いように、再発防止に努めます」って、頭を下げる人たちの映像を思い出していました。事故があってからじゃすみません。先手、先手の補修を願いたいものです。

こんな水たまりがありました。
kouenv-03.jpg


その先にずっと続く浅い溝。
たどってゆくと、その源流に行きつきました。下の写真です。ここが噴水で、ここから溢れた水が、小さな水路をたどって、さっきの水たまりに行き着く設計のようです。
水路は、大連など都市名がついたオブジェを潜って流れるようにできていましたから、環日本海の一体感をイメージするものなのかも知れません。

kouenv-02.jpg


でも、噴水は長く使われた様子はなく、たまった雨水にたばこの吸い殻が浮いています。
公園も、時代のニーズに合わせて、リニューアルがいるのじゃないかな~。

kouens-01.jpg

宝塚市の公園・7月22日

この写真は宝塚市の公園。市庁舎の前の大きな公園でしたが、大きな噴水、見せる噴水ではなく、ミストのように一面に吹き出していくる噴水です。写ってませんが、人工のせせらぎもあり、たくさんの子どもたちが歓声をあげて遊んでいました。
来年も続く暑い夏です。境港にもこんな遊び場、出来たらいいな~。
こんな話をしたら、ご婦人が、「それはいい! それに、ママ友づくり、いま大事な親がつながる良い場にもなると思うわ」とのこと。
--------(終わり)

Comments.

音さん。永見さん。コメントありがとう。
今回、こうして歩いてみて、改めて現場を大事にしなきゃねと思っています。
どっかで、必ず生きると思っているのですが。

百聞は一見に如かず…とはよく言ったものです。境港にこんなにたくさん公園が、しかも結構魅力的な(写真で見るとみんな素敵に見えるというのも…)場所があったんですね。<カメラマンの腕かどうかはさておきさんてん>
境港に限らず、造ったのはよいけれど…が多い施設が多々。
昔ニコヨン(254円)という失対労働者の働き場がありましたが、センエンという失対労働施策が始まればよいですのにね。
ブラック企業対策、NHKでも朝から取り上げていました。参議院選挙で掲げた政策の成果がスタートかも。。。

はじめてコメントをします。この頃は拝見しておりませんでした。
公園のチェックを見てこのような点検は必要だなあと思いました。

Post Comment.

(公序良俗に反するもの、悪意ある投書を防ぐため、管理者承認ののち表示させていただきますので、ご了解ください。)

名前:

メールアドレス:

URL:

この情報を登録しますか?

コメント: (スタイル用のHTMLタグが使えます)

Trackbacks.

このエントリーへのトラックバックURL:
http://www.sadaoka.net/mt/mt-tb.cgi/1780
 

- サイト内検索


- 月刊アーカイブ

Syndicate XML.