事実が示す、この危険性

2度目の防衛省の議員説明会で私が、KC-46Aの危険性について、「B-767を開発母体としたもので(安全性は)民間機と違わないというが、民間機と軍用機には運用上の危険性に大きな違いがある」と、問いただしたのは13日午後のこと。
防衛省の答えは、「しっかり訓練するから安全」というものでした。

沖縄本島で空中給油訓練中のオスプレイが墜落、大破したのは、その深夜でした!
給油機の給油ホースとオスプレイのプロペラが接触、プロペラ損傷が原因のよう。まさに給油訓練中の事故。この動画もごらんください。

超高速で飛びながら接近し給油する作業の危険性は明らか。訓練すれば絶対安全というものではない。

KC-46A配備をやめよ!
錦織陽子県議らと県へ申し入れに、今日はこれから鳥取市へ。

Comments.

Post Comment.

(公序良俗に反するもの、悪意ある投書を防ぐため、管理者承認ののち表示させていただきますので、ご了解ください。)

名前:

メールアドレス:

URL:

この情報を登録しますか?

コメント: (スタイル用のHTMLタグが使えます)

Trackbacks.

このエントリーへのトラックバックURL:
http://www.sadaoka.net/mt/mt-tb.cgi/2299
 

- サイト内検索


- 月刊アーカイブ

Syndicate XML.