KC-46A配備反対を

17日結成された空中給油機STOP! 市民の会が、昨日の27日、境港市米子の両市長に配備に同意しないよう申し入れをしました。
境港市には、共同代表の浜田章作、高山寿雄の両氏、長尾達也・市革新懇事務局長と松本熙、定岡の両市議が参加。安倍和海副市長が応対しました。
代表は、オスプレイ墜落の事故原因も究明されず、空中給油訓練の危険性が露呈しているとして、配備反対を要請。
安倍副市長は「騒音問題だけではないと理解している。市長に伝えたい」と応じました。

161227.jpg
2016年12月27日
境港市長 中村勝治 様

空中給油機STOP ! 市民の会
【共同代表】
高山寿雄・鳥取大学元教授
浜田章作・鳥取短期大学元助教授
安田寿朗・弁護士   (アイウ順)

12月13日夜、沖縄県名護市沿岸で、給油訓練中の米軍のMV22オスプレイが墜落、大破するという事故がおきました。集落に墜落していたらと思うとぞっとする恐ろしい事態です。にも拘わらず、米軍はわずか6日で事故機の機体回収も終わらず、原因究明もまだというなか、飛行を全面再開し、日本政府も何をもって「安全」と理解したのかまったく不明のまま、これを容認しました。
県知事を先頭に沖縄県民の怒りの声があがるのは当然です。

新型空中給油機KC-46Aの美保基地配備計画に直面する米子と境港の両市民にとって重大なのは、これが空中給油訓練中の事故であり、報道されているように、ローターが給油ホースを切断し、オスプレイのブレードを損傷し墜落に至ったということです。高速で飛行しながら給油することの本質的な危険性をまざまざと示した事故で、「民航機と同様の安全性」などとんでもありません。
防衛省は米軍への給油も否定していません。そしてKC-46Aはオスプレイに給油できる唯一の自衛隊の給油機です。
空の下には住宅があり、工場があり、農地が、海があります。そこに暮らし、働く人々がいます。市民の安全・安心確保をなによりの目的とする自治体が、こんな危険なKC-46Aの配備を認めることがあってはなりません。

KC-46Aの配備計画を推進する安倍政権は、アメリカとの「血の同盟」強化に懸命です。そのアメリカは地球のあちこちで戦争し、KC-46Aはインド洋の彼方まで!飛ぶことができる給油機です。海外で戦闘する米軍機や自衛隊機に給油!!----自衛隊の人たちが美保基地から飛び立つ日がくるのでしょうか。私たちはそんな日を迎えたくはありません。

住民の切なる願いに耳を傾け、今回の新型空中給油機KC-46Aの美保基地配備に同意しないでください。
以上

Comments.

Post Comment.

(公序良俗に反するもの、悪意ある投書を防ぐため、管理者承認ののち表示させていただきますので、ご了解ください。)

名前:

メールアドレス:

URL:

この情報を登録しますか?

コメント: (スタイル用のHTMLタグが使えます)

Trackbacks.

このエントリーへのトラックバックURL:
http://www.sadaoka.net/mt/mt-tb.cgi/2300
 

- サイト内検索


- 月刊アーカイブ

Syndicate XML.