誠実な方でした

行政視察から帰ってきたら、前市長の黒見哲夫氏の訃報。
黒見氏は私が議会に出た当時の市長でした。平成の大合併の最中で、境港市は米子市との合併を拒否して単独存続の道を選択したのですが、私は単独存続を主張し、さまざまに意見を交わしたことを思い出します。誠実な方でした。

クリックで拡大

黒見氏は終戦末期、境港で起きた玉栄丸爆発事故で家屋を焼失され、二度と戦争を許さずという固い信念をお持ちの方でした。一昨年来の安保法制(戦争法)強行の動きには深い懸念を表明。『安保法制を廃止し、立憲主義をとり戻す境港市民の会』が全戸に配布したビラにも熱い激励のメッセージをお寄せくださいました。
心からご冥福をお祈りします。

Comments.

境港市が米子市との合併を拒否されたこと、二度と戦争を許さない信念の人だとあらためて思いました。安らかにお眠りください。

Post Comment.

(公序良俗に反するもの、悪意ある投書を防ぐため、管理者承認ののち表示させていただきますので、ご了解ください。)

名前:

メールアドレス:

URL:

この情報を登録しますか?

コメント: (スタイル用のHTMLタグが使えます)

Trackbacks.

このエントリーへのトラックバックURL:
http://www.sadaoka.net/mt/mt-tb.cgi/2312
 

- サイト内検索


- 月刊アーカイブ

Syndicate XML.