人のつながりを願って

9 人 目 の 登 場 は

p-toda.gif
美保町自治会会長
余子地区連合自治会長

戸田 勝利 さま


境港にこられて37年、理髪店を営みながら「お役にたてるなら」と就いた自治会長も、もう24年。数年前に店は息子に代を譲りましたが、地区連合会長も務めることになり、いよいよ忙しい日々。

05年1月25日と28日、竹内町のお店でご苦労話をうかがいました

定岡 お忙しいですね。
戸田 待たせてごめん。午前中はふれあいの家で、そこへ「今夜の打ち合わせをしたい」と電話かかってきて、公民館。昼からは高松が要望している自治会館の維持管理費の件で、三軒屋の会長に様子を聞きにいき、その後、社協のことでまた公民館、そこにあんたからの呼び出し・・。仕事している間がない。
定岡 美保町の自治会長になって24年目とか。
戸田 に、なるかな。忙しいのは良いけれど、月2回のふれあいの家。体操したり、ゲームをしたり、自分たちでお昼つくって食べたりしているが、同じことしてたっていけん。今度はなにをするか、考えなきゃならんところが一番つらい。
定岡 ふれあいの家は援助員さんがいるのでは?
戸田 8人いるけど、出れない方もあるし。
定岡 自治会長がそこまで、は、大変だ。自治会活動で一番、心がけていることはなんですか?
戸田 やっぱり、住民が仲良く暮らしていける地域づくりだ、ね。美保町は170世帯だが、3分の2は公務員宿舎と公営住宅で、あちこちから来た人たちが多くて入れ替わりも激しい。あるとき「もちつきをしたことがない」という声があって、もちつき大会を始めたら好評でいまも続いている。
もうひとつ大きなとりくみは、納涼演芸カラオケ大会かな。盆にやっているが300人は集まる。一昨年休んだら、なんでせんだ!と怒られた。
まえにダンス教師がいたんで、教室を開いてもらったりもした。この人は九州に帰られたけど、一昨年わざわざ境港にこられたり、いまも交流が続いている。この間、転勤でこられた人が、「20年ぶりの境港だ」って、嬉しそうに挨拶にこられた。
定岡 うれしい一言ですね。
戸田 他所からきた人にも、ここに住んでもらっている限りは、ここにいて良かったな・・と思って帰ってもらえることが、ずっとここに住んでいるもんにとっても、住みやすい町内だろうし。

問われる地域の力

定岡 子どもたちをめぐってイヤな事件が続くし、あちこちで地震、水害など災害だらけ。目配り、気遣いあい、助け合い・・地域の力が問われていると思いますが・・・。
戸田 そうだけど、自治会に入らない世帯も増えている。余子地区でも確か5軒に1軒は未加入で、これではナー。
p-toda2.gif

余子地区敬老会で(右から2人目)

定岡 自分たちの声がとどき、自分に役立つと思えば誰も入る。自治会が、住民の期待にこたえられていない、そういう問題もあるのでは? たとえば基地周辺整備事業など住民にとって大きな問題でも、行政は「自治会長の了解イコール地元合意」・・こんなことも繰り返してきた。大方の住民は決めたこともないのに。
戸田 そうかも知れない。年1回の総会ですべて相談しきれないし、せいぜい相談できるのは役員会。総会で地域の要望を出し合い、まとめて市にだしたり、いつも気をつけていて、道路に水溜りがあれば、環境防災課に補修を頼んだり、資源ごみの収集日には、有志が交代で朝7時から9時まで、間違いないようにお手伝いしたり・・・。役員はずいぶんがんばっているんだが・・・。
定岡 そういう努力も、なかなか伝わらないですが・・。それどころか、うちは森岡だけど、今年の役員選びは大変だった。
戸田 市も「協働だ」、「まちづくりだ」と言い、自治会が大事になっているといわれながら、自治会の実態は、簡単じゃない。みんなが考えなきゃいけんわいナ。

人のつながりを願って、負けず続けること

定岡 これからの抱負みたいなことは?
戸田 さっきの防災のことだけど、4月には総会で防災部を立ち上げて、避難場所をみんなで再確認したり、避難訓練みたいなことをしたいと考えているし、やっぱり、人が寄ること、集まることを大切にして、町内会や公民館のいろいろなイベントに参加してもらう働きかけなんかで、人と人とのつながりをつくることだと思うナ。そこを負けずに続けること。そんなことかな。


散髪屋の後継ぎ、隆久さんのお父さん評 ************

「そろそろ代わってもらっても良いだろうけどネ。もうやめやい!と言われないので、少しはお役にたっているのかなー。自営ですから、こうやって動けるし。みんなに手伝ってもらって、元気に動いているのを見るのはうれしいものですよ」。